小学校の私のアダ名は「ドラキュラ」
小学校の私のアダ名は「ドラキュラ」
私が小学校の頃には、今のような自殺に追い込まれるようないじめこそなかったものの、歯並びの悪い子などは「ドラキュラ」といったあだ名を付けられた子もいました。あくまでも子供次元での人間関係のことなので、大人の人間関係のように名誉棄損で訴えるといった大げさな話にまでは進展しないのかもしれませんが、心に突き刺さるような強烈なあだ名ですね。前後の見境もなく自分の思ったことを口にする、それが小学生次元の子にありがちな話です。

そうした子供同士の人間関係のもっとよくある話を例に挙げてみると、子供同士がどちらかの家でおもちゃで遊んでいる際に、「これは僕のおもちゃだ」と言っておもちゃの取り合いをするようなことと相通じるようにも思います。ところが中学校にもなると、多少大人びてもくるのでそんな子供じみた人間関係ではなくなるのかもしれませんね。おまけに今の時代は、進学に向けた塾通いが当たり前のようにもなっています。きっと、無邪気だった小学校時代がなつかしくもあるのではないかと思うのです。

ところで、「ドラキュラ」とあだ名を付けられていた子の場合においても、近年では歯並びの矯正もかなりメジャーになっていて、とくに女の子の歯並びが極端に悪い場合には、ご両親が歯医者さんなどで歯の矯正治療を勧めることでしょうね。また、小さい頃にご両親から歯の矯正治療を勧められなかったという方の場合においても、働くようになってお金も自由に扱えるようになったということで、歯の矯正治療のために歯医者さんに通っているという方も多くおられるようです。

しかも今では、人に知られることなく矯正治療が出来るような技術にまでなっているようですね。